湯シャンはやっぱりダメですよ(アトピーの方除く)

一時期「湯シャン」というのが話題になりましたよね。

シャンプーを使わずにお湯だけで髪および頭皮を洗うというものです。

「やっぱり頭がくさい」

「油っぽさが残ってしまう」

と、いう意見も多数あるようです。

常識で考えれば、お湯だけでは汚れが落ちきれないと思ってしまいますよね。

「では、なぜそんなことをするのか?」
と、非常に疑問に思ったのでちょっと調べてみました。

その結果、まとめると

湯シャンの目的はただ一つしかありません。(金銭面は除く)

それは「頭皮のダメージを避けること」

です。

湯シャンしている人の多くは

アトピー体質で市販のシャンプーだと
頭皮が炎症をおこす

または

頭皮が炎症をおこして薄毛になりそう

とか

頭が痒いしフケが出る

のようです。

※注

私にもアトピーで苦しむ知り合いがいますので、
アトピーが生易しいものでないことぐらいは
理解しているつもりです。
ですからここでアトピーの方に意見や提案などは
一切するつもりはございませんので
アトピーのあなたは、これ以上読む必要はありません。

——————————————–

ここからは一般的な「湯シャン派」の人向けの話です。

私の個人的な意見としては、頭皮のコンディションが
悪いからと言っていきなり「湯シャン」というのは
「ちょっと極端すぎ」じゃないかと思っています。

湯シャン派の主張としては

・シャンプーには添加物(香料・保存料・色素・シリコーンなど)が
入っているから頭皮に悪い
・界面活性剤が強すぎて皮脂が必要以上に落ちる

シャンプーで洗う具体的なデメリットとしては
・頭がかゆい
・フケが出まくる

というのが主な主張のようです。

私のおすすめとしては

「今お使いの洗顔料で洗髪してみてはどうですか?」

一般に女性が一番気をつかって吟味する洗浄剤が「洗顔料」でしょう。
当然、作る側のメーカーももっとも力を入れて作ります。

では洗顔料はどのような点を考慮して作られているのでしょうか。

「添加物」
敏感肌の方は、ちょっとしたものでもダメみたいですね。
ですから刺激のある原料は徹底的に排除されています。
ラベルに保存料と表示される「防腐剤」などは低刺激性のものを使うのは
当たり前ですし、使用量も必要最小限です。

「選択洗浄性」
現代の技術では、体を洗うもの(洗顔料・身体洗浄剤・シャンプーなど)
を設計する場合は「選択洗浄性」というものが考慮されています。

もともと人の皮膚には天然の保湿成分があります。
・NMF(Natural moisturizing factor)
・細胞間脂質
・皮脂膜
等がこれに当たります。

選択洗浄性とは
「汚れのみを落として、保湿成分は落とさない」という性質のことです。

選択洗浄性を考慮していない洗浄剤を使うと、汚れと一緒に保湿成分も
洗い流されてしまい、皮膚が乾燥してしまいます。
住居用洗剤などを素手で触ると手が荒れるのは
このためです。

では、なぜシャンプーではなく洗顔料がおすすめなのか?

「スポンサーリンク

洗顔料とシャンプーの決定的な違いは「シリコーン」です。

一般にシャンプーには櫛通りをスムーズにしたり、髪にツヤを与えるために
シリコーンというものを配合しています。 しかし洗顔料にそんなものは入っていません。
シリコーンは髪のコンディションを良くはしますが、頭皮にとってはマイナスです。

※ その他の注意点
頭皮のコンディションに悩んでいるあなたに注意して
いただきたいことを挙げてみます。

天然由来の原料
「天然原料を使っているから頭皮・肌に良い」、
なんていうのは大嘘です。
それは単なるイメージに過ぎません。

例えばいくら「天然原料を使った石鹸」だと言っても
石鹸(脂肪酸のナトリウム塩)に選択洗浄性はありません。
油分を全部落としてしまう原始的な洗浄剤なのです。

ですからちゃんとしたメーカーはいろいろな原料を組み合わせたり、
選択洗浄性をもった合成の界面活性剤を使ったりしているのです。

メーカーの技術力
日本の大手メーカー、もしくは外資の大手の技術力を舐めてはいけません。
中堅・弱小メーカーなんかではとても歯が立たない圧倒的な差があるのです。
ベンチャー企業みたいなところが
「自然派原料のみで作った」とか「天然原料だから安心」だとか
言っていますが、そんなものはただ単にそういう原料を使っているだけの話で、出来上がった製品の性能・効用が良いものかどうかとは
まったく関係ありません。

単なるイメージ戦略であって、綿密な研究結果に基づいた
確たる裏付けのあるものではないのです。

そもそも無名メーカーのつくった「天然由来の洗顔料」が
本当に良いものだったとしたら、
似たようなものを大手がとっくに販売しています。
(特許を取っているのなら別ですが)
大手メーカーはひとつの製品に基礎研究も含めると数百人単位の
研究者が関わっていることだってありますから、地力がまったく違うのです。


以上のことを踏まえて、まず洗顔料で髪を洗ってみましょう。
これの隠れたメリットとしては
「あなたが使っている洗顔料が本当に良いものかどうか分かる」
ことですね。
洗顔料を使って髪を洗ったのにフケが出たり、頭が痒くなったりしたら
その洗顔料はダメだということです。
その場合は洗顔料の選定からやり直しましょう。

もし洗顔料で洗髪しても問題ないようでしたら、それを使い続ければ
OKですよね。

しかし
大きなデメリットがあります。 それは高いということですね。
「洗顔料で洗髪なんてもったいなくてできない!」
と、普通は考えます。 特にロングヘアーの場合はそうですね。
そうなると第二選択としては「ボディウォッシュ」です。

身体洗浄剤も、やはり大手のものがハズレがありません。
肌に優しいものとして評価が高いのは
「ミノン全身シャンプー」と「ダヴ・クリームバー」です。
この二つはとにかく「保湿」を追求したものなので
洗い上がりは「サッパリ」しないですが、なんといっても「しっとり」
です。
ですからこれらで洗髪しても髪がキシキシすることもなく
リンスも必要ないと思えるほどです。

この2つは試す価値が十分にあります。

しかしあなたが男性ならばあまりおすすめはしません。
なぜならば、やっぱり男性は「サッパリ」しないと洗った気がしないので
「しっとり」だと汚れが落ちてない感じがして気持ち悪いと思ってしまう
場合が多いからです。

まとめとしては

湯シャンをしてみて
「やっぱりちょっと頭がにおう」とか
「思ったより頭皮のコンディションが良くならない」
と、感じたらシャンプーに戻すのではなく
お気に入りの洗顔料もしくは
ボディーウォッシュで洗髪してみましょう。
湯シャンするよりもはるかに良いと思いますよ。

試してみてください。

「スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする